プロフィール

フォトアルバム
スタッフ

パソコンと格闘中の60台。趣味はマラソン。北海道マラソンは25回出場。うち先日20回目の完走を果たしました。日々の出来事、お店の事、鮟鱇の事などマイペースに更新していきます。

最近のコメント

最近のトラックバック

もっとお店のブログを見る

« 2010年5月 | メイン | 2010年10月 »

2010年6月

2010年6月25日 (金)

友人はいいですね


   今朝、3時半に起きる事が出来ました。

   本田がゴールを決めてからすっかり目が覚め興奮のるつぼにすっかり

   はまってしまう、あっという間に2時間たって日本が勝って試合が

   終わっていた。

   アフリカに行ってから守りが良い、今日なんかも皆で頑張ってくれた

   それで良攻撃のリズムにつながり3点の得点に繋がってと思う。

   ワールドカップ前の数試合、散々だったので、監督、選手大変な

   バッシング、それに耐えた事が今回のいい結果につなっがたと思う

   今の若い人達も苦しい時はじっと耐え、前を向きひたすら努力を

   重ねる事が青い鳥を手にする事が出来る。

   生きる事のヒントはいろんなところに有ると思う。

   決勝トーナメントのパラグアイとの戦いは29日、日本時間

   午後11時、今度は酒を飲みながらゆっくり応援出来る。

5日ほど前、東京の友達から新宿のイベントホールで有田焼の

   展示会があったので行って来て、珍しい器を見つけたので送るからと

   電話があった。今日、夕方宅急便で荷が届いた。

   開けてビックリ、皿2枚、湯のみ茶碗、マグカップ合計4個全て

   鮟鱇の絵が描かれていた。なんて言っても鮟鱇料理専門店なので

   鮟鱇の絵の付いたのは買って来るけどあまりいいのが無いし、また

   自分でも焼いて見るけれどなにせ絵が下手なので気にいるのが

   作れない。そこに送って来たのは完ぺき、嬉しくて嬉しくてすっかり

   気に入った。俺の作った作品の間に陳列すると俺の作品も一段と

   引き立つ、すごく良い棚になった。

   東京の友達は元々店のお客さん歳も俺のひとつ上、見た目は完全な

   都会に人、しかし中身は男ぽっく、あったかく、優しく俺が惚れこみ

   35年ほどの付き合いになります。そういゅう人だからいつも俺の

   事、店の事気にして居てくれるから今回のように感動をくれます。

   小学、中学、高校、田舎の友達も良いけれど大人に成ってからの

   友達も得がたい。あんこじじは幸福ものだ。

   

   

   

2010年6月15日 (火)

こんな幸福もある


   昨夜サッカーを見て、酒少し飲み過ぎた

   今朝いつもより遅く起き走りに出かける、寝不足とお酒のせいで

   体が重い、豊平川の川水がきらきらと日を弾いているのを眺め、

   川のせせらぎを聞きながら一時間ほど走りたっぷり汗をかきすっかり

   酒も抜けた。

   22条橋の下、四角いベンチテーブルの上でストレッチを始める

   空を見上げると雲ひとつ無い真っ青、上半身裸、火照る体に川風が

   気持ち良い、車の行きかう音の間から風に乗って賠償千恵子の

   下町の太陽の唄が、オカリナでのメロデーが聞こえて来た。先に目を

   やるとコンクリの階段の所に年配の人が座ってオカリナを演奏して

   居た。童謡、唱歌、懐かしい唄、じじが喜ぶものばかり演奏、

   すっかり聞き惚れてしまった。川のせせらぎ、気持ちが良い風

   オカリナの演奏、まわりは蝶が舞っているこんな空間に居ることって

   すごく贅沢なことそしてすごく幸福なことなんだ、元気で生きている

   ことそして、オカリナの演奏者に感謝、今日すごくとくした。

   こんな幸福にまた会えること願って一日一日過ごそう。

                         あんこじじ

   

2010年6月 9日 (水)

いい季節になってきました

   本格的な新緑の季節を迎えた北に街札幌、樹木の葉が浅緑から地第に

   濃くなっていく、目がまばゆいほどの今日今頃です。

   この前の日曜日、豊平川の川原に行ってイタドリの

         イタドリ(タデ科イタドリ属)
       スカンポ、スドーキ、ドンガイとも言う。
       若い茎は柔らかく生食したり、(食べると酸っぱい)
       漬物にする。

   昨年のもので乾燥してカラカラのものを折って家に持って来て、

   我が家の裏(公園に隣接)に朝顔を25本植えその添え木に

   イタドリを使った。ホームセンターに売っているグリーンの添え木と

   違ってなかなかふぜいがありいいものだ。北海道のものは

   オオイタドリと言って大きく成り3m以上にも成る。

   裏庭もコスモス、パルドサムホワイト(マーガレットの小さい感じ)

   ホウズキ、朝顔も植えだいぶいい形に成って来ました。

   公園に来た子供達が喜んでくれるのが楽しみです。

   新聞で学校の家庭訪問についての記事を見た。

   今の家庭訪問は学校によっては家の中に入らず玄関にて父兄と先生

   が話しをするそうです。じじの感覚では理解に苦しみます。

   本来から言うと訪問者を家の玄関で対応するとははなはだ

   失礼な事と思う。日本人が長くかかって培って来た人々の付き合いの

   形がこんな事をして居るとすっかり失ってしまう。

   家に上がってテーブルに向かい会って話しをする、先生は部屋に

   入ってまわりを見ることによって家庭のいろんな事が見えて来ると

   思うし父兄の方も部屋に上がって来る先生の立ち振る舞いを見て

   いろんな事が見えて来るそれによってお互いにしんけんに話合いが

   出来るると思う。この頃は何でもめんどくさい事は避ける

   風潮にある、こんな事をして居るとどんどん昔のように人と人の

   付き合いができなく成ってくる。

   人と仲良くすることは自分の事は全部出さない、お互いに少しづつ

   遠慮する、これはけっこう大変なことと思う。

   けれどその中にいろんな大事な事が沢山ある。今の世の中大切な物を

   どんどん無くしている、将来が心配だ??  あんこじじ
   

2010年6月 3日 (木)

良い事もある

   今外は雨、朝がた風も無く少し寒いけれどおだやかだった。

   いつもどうり走りに出かけた、今日はいつもと違う所に足を向けた、

   だいたい豊平川の右岸に出て真駒内公園へ、今朝は左岸に、、、

   まだ足の状態が良くないので歩くぐらいのジョキングしか出来ない、

   ゆっくりなので回りを見ながら走れる、河川敷にタンポポが一面の

   所がある、まるで黄色いジュウタンのなかを走っているみたいで

   夢の中みたい、そして小鳥のさえずり、川のせせらぎ、流れの

   強い所ではダイナミックな強いパーワーを感じる。このように

   普通に走れないと言うことは、普段感じることが出来ないことが

   体験出来る。タンポポの中を走り、小鳥の声、せせらぎを聞く

   しっかり心が癒され、川の流れの強い所では元気と勇気を貰える。

   世の中、何かを失うと何かを得る事ができる。また逆に得ることで

   何かを犠牲にしないとならない事もある。だからこそ人生

   良い事ばかりでは無い、しかし悪い事ばかりも続かない。人生

   山、谷の繰り返しだから俺、きつい時じっと我慢、そのうち

   必ず上がり目のチャンスが来ると信じて65年、これから先も

   このスタイルで、、、、

   昨日、先日東京から見えたお客様から、お美味いかったとハガキ

   いただきました。嬉しく拝読致しました。

   職人の俺としては、あのように料理を食べてお美味しかったと

   言われるのが何よりも嬉しい事です。

   この言葉をお客さんに頂ける事で40年頑張ってこれました。

   またこれから先も料理作りに精進できます。   あんこじじ

2010年6月 1日 (火)

笑ってきました

   ここ2,3日の春らしい天候なので花の芽が順調に成長してます。

   6月30日(日曜)笑ってきました。道新ホールで

   社会風刺コント集団、ザ。ニュースペーパーの公演に行ってきました

   日々刻々変わるニュースを素材をコントにして舞台化、

   特にテレビでもよくやる歴代総理の形態模写を中心とした政治コント

   テレビより笑えました。オバマや天皇家こと、最近のおきたニュース

   なんかも直ぐ舞台で演じていた。2時間、笑いぱなしで楽しんで来ま

   した。おかげで家に帰ってきてからお酒美味しいかった。

   10日ほど前から器の製作始めました。どのようにしたら器が完成

   するかすこし説明します。

   まず粘土の塊を用意し、土練りします。粘土の練り方が不十分ですと

   粘土中に空気のたまった気泡がそのまま残り、素焼きしたときに

   ひびが入ったり割れたりする。俺の場合はほとんど轆轤にて作品を

   作ります。しかし皿なんかは同じ厚みの粘土板(タタラ)で作ります

   作った作品の半乾きになったものを轆轤の上にシッター(削り台)

   を乗せ形を整えます。すっかり乾燥したものを素焼きにします。

   それを釉薬が綺麗にかかるよう表面を掃除してから

   今度は釉薬をかけます。   

   窯詰め、 本焼き 15時間ほどかけ1300度近くまで窯の温度が

   上がったら全部のスイッチを切り、2日ほどかけて窯を冷まし

   それから楽しみな窯だしです。

   イメージどおりですと嬉しいがだめな時もたたあります。

   始めに粘土の塊、手に触ってから出来上がるまで一ヶ月ぐらい

   かかります。一回の本焼きに100点ぐらい作品を入れます。

   これから11月まで3回ぐらい本焼きの予定です。

   今 器の形やどんな色したらいいのかと考えてます、これも結構

   楽しいです。  あんこじじ

鮟鱇料理 安古 のサービス一覧

鮟鱇料理 安古