プロフィール

フォトアルバム
スタッフ

パソコンと格闘中の60台。趣味はマラソン。北海道マラソンは25回出場。うち先日20回目の完走を果たしました。日々の出来事、お店の事、鮟鱇の事などマイペースに更新していきます。

最近のコメント

最近のトラックバック

もっとお店のブログを見る

« 2011年3月 | メイン | 2011年5月 »

2011年4月

2011年4月22日 (金)

ある先輩の死

  4月18日の日曜日、朝、マラソンの練習から帰ってくると

  40年以上お付き合いさせて頂いて居る先輩の家族から電話があった。

  今朝、父が亡くなったと、、、これから盤渓の家に病院から連れて

  来るからと。

  俺、東京から帰って来て、すすきので商売する為、店舗を探してる時

  偶然入った居酒屋の主が親父さんでした。店なかなか雰囲気、親父も

  さまになり、酒も良い、食い物も美味い、すっかり気にいり

  時々おじゃましていたそこに安古がすぐ側で開店。

  それでお互いの店に訪れ酒を飲みました。人生、商売の先輩なので色々

  教えて頂きました。しかし俺より10年以上長く店をやっているのに

  自分が脱サラで素人だからと言って謙虚に料理のことはよく聞いていた

  その店居酒屋(憩)その頃すでに大繁盛、全国的にも有名、大変な

  薄野の名店であった。それなのに料理を始めいろんな事に前向きに

  商売に取り組んでいた。側に居て随分勉強させて頂きました。

  5年ほど前に85歳で45年ほどした店を閉じて、盤渓の山に

  陶芸家である息子が建てた家で、好きだった庭作りにせいを出していた

  人の縁とは不思議なもので、俺、陶芸やっているのも親父の息子、

  孫みたいに可愛がっている娘二人は親父の孫、独りとの出会いが俺の

  人生にこれほど影響あたえるとは不思議なものです。

  あの世に行っても好きな酒を飲み、のんびり過ごしください。

  あんこじい

  

  

2011年4月12日 (火)

25回目


  昨日 2011北海道マラソンの出場の申し込みをしてきました。

  この大会、今年で25回目です、俺1回から出ています。しかし

  ここ2年ほど完走していません。加齢の為膝の軟骨が磨り減り、練習が

  なかなか思うように出来ない。しかし今年は正月から走り始め、

  久し振りに調子が良いみたい、もしかしたら完走出来るかも?

  マラソンを始めたの40歳の頃、完走はあたりまえ走るたび自己ベスト

  いつも目指していた。それが還暦過ぎた頃から、20年以上も膝に

  負担かけてきたつけが来てなかなか走る事が出来ない。

  俺,なぜマラソンを始めたかと言うと、若い頃超でぶ、身長158cm、

  体重75kg、お客さんのドクターから早死にしますと言われてから

  ダイエットとマラソンを始める。

  次の年、体重を60kgに落として、1986年フルマラソンに

  挑戦、7月に千歳日航マラソンに出場、3時間50分で初マラソン

  無事完走、そして9月に第1回の北海道マラソンに出場、3時間40分

  で完走、これですっかりマラソンにはまり、夏はいつもマラソンづけ

  全道のマラソン大会に多く参加しました。

  また仲間達数人でマラソンクラブを立ち上げ、走るだけでなく飲み会が

  多くあり今も良い仲間と楽しんでます。数人が25年近くたった今では

  100人以上に所帯になっています。それはナイアガラマラソンクラブ

  です。  あんこじい

  

  

  

2011年4月 5日 (火)

入学祝い

  3日の日曜日、孫娘と約束していた、温泉旅行に出かける。

  今回は洞爺湖温泉に、昼11時半街で待ち会わせ、ご飯を食べ

  1時のホテルの送迎バスでいざ洞爺湖に、2時間ちょとの4人のバスの

  旅、朝方少し寒かったけれど、太陽が出てひざしがあったのでバスの

 、なか暖か、窓ぎわに座っていたら眠たくなりうつらうつら、気持ち

  良かった。2時間経った頃、前方を見ると湖が見えて来た。

  回りの山々はまだ雪が白く残り、湖面は太陽の優しい日差しで宝石が

  散りばめたようにきらきら輝いて光っていた。絶景、絶景

  街に降りて行くと山の雪の解けた斜面に蕗のとうが顔を出していた。

  札幌よりだいぶ春が早いみたい。

  ホテルに着いてびっくり、ロービに入ったら人が居ない?

  日曜日だからかなと思っていた。

  お風呂にいっても人が少ない、夜の食事に行っても300人以上部屋

  ガランガラン、人数を数えたら30人ほどしか居なかった。

  これにはビックリ、これは今、世の中で問題になっている

  外国人、日本人の観光客の大口のキヤンセルのせいだと。

  これは大変な事だ、皆んな節約、我慢する、何もしない、これでは

  経済が止まる。守る事も大事、しかし攻めて行かないと何も始まらない

  こんな時こそ皆んな元気を出し,自粛ムードを早めに撤回して、普段の

  生活に戻らないことのは何も解決もせず、発展しない。日本人の底力を

  信じよう。

  次の朝、少し2日酔い気味、しかし窓のカーテンを開けると太陽の光り

  が目に飛び込む、この日も眼下に見える湖は眩しい、白い雪に覆われた

  羊締山が目の前に、前日の嫌な気分がすっかり吹き飛んだ。

  人間は自然から色んな事が得る事が出来る。しかし真面目に生活を

  しないで、自然に悪さをすると今回の震災のようにお灸される

  これは災害にあった人の問題で無く人類えの自然からのきちんとしない

  と駄目だよとの大きなメーセジだと思う。

  10時に札幌に還るためホテルからバスに乗る。

  今回も子供達から沢山の幸福をもっらた。高校1年と3年

  もう4人で旅行するのは最後かな??

  12時過ぎに札幌に着き、解散今回も楽しかった。ありがとう。

    あんこじい

  

鮟鱇料理 安古 のサービス一覧

鮟鱇料理 安古